食生活で背中ニキビができることも

顔のニキビは気にしてスキンケアを念入りにするけれど、忘れられがちでほったらかしにされがちなのが背中のケアです。
あまり人目につかないところですが、服を脱いだ時、背中ニキビがびっしりなんてなんだかがっかりしてしまいます。意外とニキビができやすい背中、お風呂でしっかり体を洗い清潔にしているのにニキビができてしまうという人は、食生活が原因かもしれません。背中ニキビで悩んでいる人は一度普段の食生活を振り返ってみましょう。

 

外食や市販のお弁当などは味付けが濃かったり添加物が多いので、内臓に負担がかかり肌のターンオーバーが乱れ、過剰な皮脂分泌が毛穴を詰まらせてしまいます。アルコールやジュースは糖質が多く、過剰な皮脂の分泌につながります。スナック菓子や揚げ物に含まれる脂肪分も皮脂となります。スイーツなどの甘い物や甘さを感じなくても、米や麺類やパンには糖質が多く含まれます。糖質は皮脂をつくるだけでなく肌の新陳代謝に必要なビタミンB群の吸収を妨げ、さらに毛穴を詰まらせる原因にもなります。過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

逆にニキビのできない健康な肌を目指すために必要な栄養素の含まれる食材は、肌のターンオーバーを助ける働きをするビタミンAの含まれるにんじん、ほうれん草、うなぎなど。脂質代謝を促し、脂性肌を予防する働きをするビタミンB群の含まれる豚肉、にんにく、胡麻など。細胞の老化を防ぎ、ニキビ跡を予防するビタミンCの含まれる緑黄色野菜やフルーツなど。血行促進と活性酸素を除去し、肌の酸化を防ぐ、ビタミンEの含まれるナッツ類など。新陳代謝を促進させ、老廃物の排出を助け、肌のハリつやを保つコラーゲンの含まれる手羽先、鶏皮、ふかひれ、ゼリーなどです。これらの食材を積極的に摂取し、正しい食生活で背中ニキビを予防しましょう。

 

ジュエルレイン

 

>>ジュエルレイン 公式HP