食生活と背中ニキビ(背中ニキビの原因)

皮膚の毛穴に皮脂や古くなった角質が詰まり炎症が起きるニキビは、頬や眉間といった顔を中心に発生することが多いです。
顔以外の身体の部位にもニキビはでき、胸や首にも赤い発疹が引き起こる恐れがあります。背中もその中の一つであり、ホルモンバランスの乱れ、衣服や下着による肌への摩擦が刺激になることで発症すると言われます。

 

ジュエルレイン 背中ニキビ

しかし背中ニキビは日々の食生活とも関係が深く、普段口にする食べ物次第では症状を緩和あるいは悪化させる可能性があります。一般にニキビの要因となるアクネ菌は皮脂を餌に増えるため、それが多い箇所になるほど炎症や発疹が起こりやすいとされます。顔では額から鼻にかけたTゾーンと呼ばれる部位が当てはまり、洗顔時は丁寧に洗浄することで発症を予防しやすくなります。実は背中にもTゾーンと呼ばれる場所があり両肩から背骨にかけた場所は皮脂の量が多いとされ、分泌が増えるほどアクネ菌が集まり肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

コンビニのお菓子、ジャンクフードといった糖質が多いものや脂っこい食べ物は皮脂を増やしやすくなります。糖質は摂取すると上昇した血糖値を下げるためインスリンというホルモンを分泌し、これが皮脂腺を刺激させてしまいます。また皮脂量をコントロールするビタミンBを糖質は不足させてしまうとされ、スナック菓子や炭水化物は控えたほうが良いです。

 

バターやチーズ、揚げ物、肉類もまた皮脂を増殖させる原料となる可能性が高いです。特に動物性タンパク質は腸内環境を悪化させがちで、老廃物が排出しにくい身体になりやすいです。背中ニキビが気になる人は普段の食生活を見直してみるのも一つの対処と言えるでしょう。逆に人参やほうれん草に含有するビタミンAは肌のターンオーバーを促し、ニキビ予防におすすめです。この他ビタミンCやEもニキビ跡の色素沈着の予防、肌細胞の酸化を防ぐなどの働きを持っているとされます。食品で言えばパプリカやブロッコリーにビタミンCが、ナッツ類にビタミンEが多く含まれるとされます。

 

ジュエルレイン

 

>>ジュエルレイン 公式HP