背中ニキビの種類と対策

ニキビといえば顔にできるものと思いがちですが、実は背中にもニキビができることが度々あります。そんな背中ニキビですが、顔と同様様々な種類があります。

 

まず、一番軽症といえるのが白ニキビです。盛り上がって白くなっているものがこれにあたります。なぜ盛り上がっているのかというと、毛穴に脂肪が詰まってしまいそのせいで盛り上がっています。この対策は非常に簡単です。きちんと背中を洗って汚れを取り除くことです。ただ、ゴシゴシと力を入れて擦るのはよくないので、泡立て用のネットを使ってしっかりと泡状にしてから、優しくなぞることが理想的です。次に黒ニキビです。黒くなっているのは脂肪が酸素と結びついて酸化してしまっているからです。先ほどと同様、しっかりと洗うことが重要になるわけですが、しっかり酸化した脂肪が落とせたとしても、広がってしまった毛穴を戻すことは至難の業です。

 

そんなときは古い角質を取り除ける石鹸や化粧品を利用するといいでしょう。ターンオーバーを正常化させることによって元通りの皮膚に戻すことができます。さらに、炎症が進むと赤ニキビや黄ニキビになります。この状態になるともう化膿してしまっているので、傷口とあまりかわりません。この時の対策としては皮膚の自己修復作用に頼るしか無いでしょう。そのため、自己修復作用を後押しする対処が必要になります。例えば、化粧水を使うことをおすすめします。

 

化粧水はニキビの乾燥を防ぐだけではなく、その周辺に膜を作れるのでニキビに刺激が伝わることを防ぐことができます。化粧水には抗炎症作用を含んでいるものがありますので、赤ニキビや黄ニキビまで症状が進行してしまった状態なら、そういったものが入っているのを使ったほうがいいでしょう。また、より早く治療を完了するために皮膚科に診察してもらうとよりいいです。炎症を抑える塗り薬や飲み薬を処方してもらえます。このように、背中ニキビはひどくなるほど対処が困難になります。注意しましょう。