背中ニキビと痒みの関係

ニキビは身体の色々な部位にできるものですが、中でも背中ニキビは特に痒みを感じやすく厄介な存在です。掻いてしまうと余計に悪化しますし自分では状態を確認するのが難しい場所ですから、より慎重なケアが必要となります

そもそも何故背中ニキビが痒みを引き起こしやすいのかと言うと、それにはいくつかの要因があります。まず原因として多いのは、衣服との摩擦です。女性はブラジャーによる摩擦もありますし、男性でも着用する服装次第では摩擦のリスクが高まります。更にこの摩擦ですが、実は冬場の方が注意が必要という特徴があるのです。これは冬場の方が夏場より厚着をしやすく、ニットなどの化学繊維を使った衣服をよく身に付けるからです。

 

そしてもう1つの大きな痒みの原因には、乾燥があります。洗浄力が強いボディソープを用いたり、あるいはそれがしっかり洗い流せていなかったりすると、肌はダメージを受け乾燥を招いてしまうのです。加えて肩こりなどがキッカケで血行不良になってしまうと、それによっても肌は乾燥しやすくなります。乾燥は毛穴の詰まりを誘発し皮脂を溜めやすい環境を作るので、背中ニキビの直接的な原因になると考えてもいいでしょう。つまりは意外なようにも思いますが、肩や背中を解すことも痒みを軽減する方法になるわけです。
それではそれらを踏まえての、正しいニキビケアについて触れていきます。最初に薬の使い方ですが、これにはスプレータイプの薬がオススメです。最近では塗るのではなく噴射するニキビケア用品も出てきており、スプレータイプなら届きにくい背中にも自分で使うことができるのです。
ボディソープは、肌に極力優しいものを選びましょう。洗い残しもないようにし、タオルで拭く際には上から水を吸わせるように当てるのが理想です。あとは、できる限り食生活にも気を付けてください。これは全てのニキビに言えることではあるものの、脂っこい食生活は皮脂の分泌を多くしてしまいます。ヘルシーな食卓を意識しましょう。